新築・建て替え・注文住宅の提案:地震に1.5倍強い家|横浜・湘南の建築はメディック

横浜・湘南の建築はメディック

お問い合わせ

TOPICS

新築・建て替え・注文住宅の提案:地震に1.5倍強い家

新築,社長ブログ 2016年04月26日

今日は大地震に備え、当社で採用している地震に強い家を実現する「新築住宅の工法」をご紹介します。

 

①新築注文住宅:地震に強い工法「スーパーウォール」

 

c0190969_14463758

 

東日本大震災の際、震度2程度の揺れしか感じなかったという、当社の設計・施工による新築注文住宅の木造2階建て『庄戸の家(S様邸:写真の住宅)』に採用の「高気密・高断熱・高耐震の「スーパーウォール工法」

 

この住宅は、ビルトインガレージ、二世帯住宅、バリアフリー住宅、ウッドデッキ、ウッドバルコニーとしての特徴も持っています。

 

IMG_8113-s

 

同じ工法のスーパーウォール工法による、建て替え注文住宅木造2階建ての『金沢文庫の家(N様邸)』は、第21回TH大賞 エコロジー賞を受賞しました。

 

この住宅は、ビルトインガレージ、バリアフリー住宅、ウッドバルコニーとしての特徴も持っています。

 

 

②新築注文住宅:地震に強い工法「スーパーストロング構造体VALUE」

 

大スパンの空間ながら「耐震等級3」相当の高耐震の空間を実現し、「耐震保証」の付いた「スーパーストロング構造体VALUE」

 

 

③地震に強い工法:免震システム「IAU免震システム」

 

c0190969_14574166

 

基礎部分に、すり鉢状の2枚の免震皿の間にボールを挟み免震する装置「転がり免震支承」と地震時や強風時の建物の浮き上がりを防止する「引き抜き防止付転がり免震支承」、地震時の過大な変位を抑制する「全方位型油圧ダンパー」、500年に一度の超大型台風でも風で揺れない「風揺れ防止装置」など、の万全な装置で構成されています。

 

そして、「IAU免震システム」は、完全自動で電源不要の基礎免震システムで、さらに震度7を震度4程度に軽減します。

 

 

以上は新築・建て替え・注文住宅に採用しているシステム・工法のご紹介です。

ページトップへ