耐震リフォーム・木造住宅制震工法:|横浜・湘南の建築はメディック

横浜・湘南の建築はメディック

お問い合わせ

TOPICS

耐震・制振住宅資材:制振・耐震壁 ウーテック(WUTEC-SF)

リノベーション,増改築,戸建て,新築,社長ブログ,耐震 2016年10月12日

c0190969_1051389

 

c0190969_1054585

 

 

今日ご紹介するのは、制振効果と耐震効果の両方を兼ね備えた資材の紹介です。

木造軸組み用の「WUTEC-SF」と言う、制振・耐震補強用の資材です。

壁倍率2.6+制振壁として設計に加算できますので、優れた補強材といえます。

 

WUTEC-SFの特長は下記のようなものです。

 

1.建物の揺れ幅を最大80%低減

壁倍率2.6+制振性能の「耐震・制振壁」として計算できます。

高純度アルミニウムを素材に使用し、より高い制振 性能を実現。地震の揺れ幅を最大80%低減できます。

 

2.制限も少なく、施工しやすい

耐力壁を「WUTEC-SF」に置き換えることにより、通常の耐震計算をしてバランス良く配置できます。

また、デザインの制限も無く、特殊な工事や補強も必要ありません。

 

3.住まいを守りつづける

安定性と耐久性の高いアルミニウムという金属製ダンパーを採用したことで、大地震の後も同じ性能が保たれます。繰り返し襲う余震にも効果を発揮します。

また、短周期地震に対しても同じ効果を発揮し、さまざまな地震に対応できます。

 

4.メンテナンスフリー

「WUTEC-SF」には銅とアルミニウムと耐食性に優れた溶融亜鉛スズ合金メッキを使用しているため、経年による劣化や温度変化による性能低下がありません。

どのような環境でも抜群の安定性を保ち、同じ性能を発揮し、半永久的に地震に備えます。

 

 Youtebeに振動台実験の映像がアップされています。ご覧ください。

ページトップへ