今後30年以内に震度6弱の地震が発生する高い確率に備える!|横浜・湘南の建築はメディック

横浜・湘南の建築はメディック

お問い合わせ

TOPICS

今後30年以内に震度6弱の地震が発生する高い確率に備える!

リフォーム,増改築,新築,社長ブログ,耐震 2018年09月01日

 

画像は既に発表されているものですが、関東地方で震度6弱以上の確率分布図で、今後30年以内に震度6弱の地震が発生する確率を色分けしたものです。

 

おもな地点の発生確率(震度6弱以上)は下記のようになっています。

  • 千葉市:85%   (※市町村単位では全国でもっとも高い)
  • 水戸市:81%
  • 横浜市:82%
  • さいたま市:55%
  • 東京都新宿区:48%  (※東京都庁付近)
  • 宇都宮市:13%
  • 前橋市:7%

 

近い将来起こるであろう地震に備えるために、次回以降は、繰り返しの話題になりますが、木造住宅の耐震についてのお話をして行こうと思っています。

 

YouTubeに、Medic Architect Office  として「震度6強の地震に遭遇したシミュレーションをアップしております。

参考にご覧ください。

 

YouTubeの「耐震診断から耐震設計、耐震補強ごのシミュレーション」はこちら。

 

※横浜・湘南地区で高耐震住宅・制震住宅・免震住宅への改修、リフォーム、リノベーション、増改築、新築、建て替え、設計は「株式会社メディック」へどうぞ!
※耐震診断、住宅診断、ホームインスペクションも「株式会社メディック」へどうぞ!

 

 

 

 

 

ページトップへ