お問い合わせ

住宅・耐震診断お申込み

NEWS リフォーム/戸建て/社長ブログ

ビケ足場=楔緊結式足場(くさびきんけつしきあしば)

リフォーム,戸建て,社長ブログ 2019年03月09日

鎌倉市大船の「A様邸」の外壁塗装工事が終了し、ビケ足場(楔緊結式足場)の解体作業をしました。

 

 

ビケ足場(楔緊結式足場)は、株式会社ダイサンという会社が最初に開発した工事足場のうちの一つの形式で、安全かつ組み立てや解体の時間短縮のできる足場です。

 

 

 

今回の組み立て解体をお願いした足場の架設業者は「KRH株式会社」さん。この楔式の「ビケ足場」は、シンプルな構造ながら、安全性・作業性・耐久性に優れ、組み立てや解体もハンマー1丁で簡便に行えるという特徴を持っています。

 

また、周囲に張るシートネットは、細かい網状(ネット状)のシートで、以前の防炎シートやブルーシートと違い風を通すので足場の倒壊が少ないという特徴を持っています。

 

リフォームの現場では既存の建物周囲に足場を組みますが、新築の木造住宅の現場では、先行足場と言って、基礎が完成した段階で足場を組み立て、作業床と手すりを設け、足場ができてからクレーンやラフターなどで資材を吊り上げ「建て方」をすることにより、安全に作業を行えることで、屋根や梁などからの転落事故を防ぐことができます。