お問い合わせ

住宅・耐震診断お申込み

NEWS 耐震

大地震に備える。無料の住宅診断・耐震診断受付中!

リノベーションリフォーム増改築戸建て社長ブログ耐震 2017/09/01

    今日9月1日、防災の日(ぼうさいのひ)は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災をきっかけとし、「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する...

>>続きはこちら

耐震補強、耐震リフォームに制震ダンパーをプラスする。

リノベーションリフォーム増改築戸建て新築社長ブログ耐震 2017/08/21

  先日お客様から給湯器の件でお電話を戴き現地調査に行ってきました。14年前の給湯器でしたので修理ではなく交換になりましたが、この住宅は1昨年「LIXIL  TH大賞リフォーム部門」で奨励賞を受賞した「W邸耐震リフォーム」の木造2階建て住宅です。 ...

>>続きはこちら

「繰り返す揺れに耐えられる家」を造る。ーその1 制震シス...

リノベーション増改築戸建て新築社長ブログ耐震 2017/07/26

    前回は1.5倍強い家の耐震構造についてお話しましたが、今回は、「繰り返す揺れに耐えられる家」を造る。ーその1    制振システムー   についてのお話です。   制振システム(制震装置)とは、耐震構造が建物を強くし、震度...

>>続きはこちら

地震に強い家=1.5倍強い家

増改築新築社長ブログ耐震 2017/07/22

    長野県王滝村で今年6月にあった震度5強の地震で、2年前、2億円をかけて「震度6弱に耐えられる耐震補強工事」を行った宿泊施設が、地震で柱や壁が破損。現在は、どの程度の揺れに耐えられるかわからない状態という事で、今月は予約のあった約9...

>>続きはこちら

外断熱工法と内断熱工法

バリアフリー(介護住宅)戸建て新築社長ブログ耐震 2017/06/15

14日未明(日本時間14日午前)、ロンドンの高層アパートで大規模な火災が発生したという驚きのニュースが流れました。 不確定な情報ですが、古い建物で、外断熱工法で施工した外壁内側の断熱材が火災を上階まで広げたと言われています。   今日は、その断熱のお...

>>続きはこちら

耐震基準にはない「直下率」の話

増改築新築社長ブログ耐震 2017/04/02

  今まで建築基準法を中心とした耐震のお話をしてきました。   実は、建築基準法では定められていない、耐震住宅にとって大切なポイントがあります。   それが「直下率」というもの!     何が「直下」ですって...

>>続きはこちら

「耐震基準の地域係数」とは?耐震設計をするにあたって必要な基...

リノベーション増改築戸建て新築社長ブログ耐震 2017/03/22

      このブログでは、耐震についてのお話をテーマにして書いていることが多いとお気づきでしょうか? 建築基準法は昭和56年(1671年)に旧耐震基準から新耐震基準へと改正。その後平成12年(2000年)に新々耐震基準ともいう...

>>続きはこちら

防災:大切なのは日頃の備え

社長ブログ耐震 2017/03/03

    政府広報のweb上に防災の心得などが紹介されています。   日頃の生活に参考になるページです。ご覧ください。   ⇒  政府広報のページへ   新築、増改築、リフォームをお考えのお客様で、耐震診断、耐...

>>続きはこちら

iPhone、iPadで「誰でもできる我が家の耐震診断」がで...

社長ブログ耐震 2017/02/20

昨日のブログの「自分でできる耐震診断をやって見よう!」の記事中の(財)日本建築防災協会の「誰でもできるわが家の耐震診断」へのリンクですが、Windowsパソコンですと、クリックして問題なく耐震診断のページに飛びますが、iPhoneでブログを閲覧(スマホ対応の画...

>>続きはこちら

千葉県東方沖を震源とする震度4の地震

社長ブログ耐震 2017/02/19

  「誰でもできる我が家の耐震診断」のご紹介のブログを書き終わってアップしたら、ほどなく千葉県東方沖を震源とする震度4の地震が起きて、ちょっと焦りました。   今日は午後出勤し、事務所で仕事をしている合間にブログを書いています。 &nbs...

>>続きはこちら

自分でできる耐震診断をやって見よう!

戸建て社長ブログ耐震 2017/02/19

  今日はご自分でご自宅の耐震診断を簡易的にできるサイトのご紹介です。   一般社団法人  建築防災協会のホームページの中の「誰でもできる  我が家の耐震診断」です。   勿論、建築防災協会のサイトですので安心です。どうぞお試し...

>>続きはこちら

横浜市木造住宅耐震改修促進事業の補助金額が増額されます。

戸建て社長ブログ耐震 2017/02/17

  横浜市では、市内の木造住宅耐震改修工事費用に対して、「横浜市木造住宅耐震改修促進事業」の制度で、世帯の課税区分に応じ、下表の補助限度額で補助を行います。 平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)に耐震改修工事に着手したものに限り、補助限度...

>>続きはこちら

東日本大震災の余震

社長ブログ耐震 2016/11/24

  11月22日05時59分頃、福島県沖(北緯37.3度、東経141.6度、いわきの東北東60km付近)を震源とする地震が発生。 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は7.4と発表され、津波警報も発令されるなどしました。  ...

>>続きはこちら

長周期地振動

社長ブログ耐震 2016/10/22

21日の午後に鳥取県で発生した最大震度6弱の地震では、震源地から遠い大阪やさらに遠くの長野県でも長周期地振動を観測しました。 気象庁によると、4段階の長周期地振動のうち、兵庫県北部、鳥取県西部や、震源から150キロ近くも離れている大阪府南部と徳島県北部で...

>>続きはこちら

ホームインスペクション(住宅診断・耐震診断)をお勧めします。

インテリアエクステリアガレージマンションリノベーション二世帯増改築戸建て水廻り社長ブログ耐震 2016/10/18

当社では、皆様のお住いの寿命を延ばすためのお手伝いをさせて戴きます。 それが「ホームインスペクション(住宅診断・耐震診断)」です。 診断の規模、報告書の内容により費用は変わってきますが、どうぞ、お気軽にご相談ください。     上の写真は...

>>続きはこちら

耐震設計基準:新耐震と旧耐震

リノベーション増改築戸建て新築社長ブログ耐震 2016/10/17

以前のブログでも何度かご紹介していますが、建築基準法の耐震設計基準については、大きくは1981年(昭和56年)6月に施行された「新耐震設計基準」(新耐震)が基本となっています。 1981年(昭和56年)5月以前の基準を「旧耐震」、同年6月以後の設計法を「新耐震...

>>続きはこちら

リノベーション住宅:Reborn House 旭区市沢...

インテリアエクステリアリノベーション二世帯増改築戸建て水廻り社長ブログ耐震 2016/09/10

    今日ご紹介するのは、古い住宅をリノベーションして、再生、生まれ変わらせる「リノベーション住宅:Reborn  House」です。   リノベーションとは、一般に、中古住宅を機能面やデザイン面などの観点から改修することを...

>>続きはこちら

増築工事:完成、ウッドデッキ製作

エクステリアリノベーション増改築戸建て社長ブログ耐震 2016/09/08

          横浜市青葉区のK様邸の増築工事は、最終段階の工程に進み、サイディングも張られ、ガルバリウム鋼板の縦ハゼ片流れ屋根も葺き上がり、雨樋やエアコンなどもすべて設置が完了。   ...

>>続きはこちら

増築工事:建て方・上棟

増改築社長ブログ耐震 2016/09/01

    今回はいよいよ建物の形が見えてきます。   まず出来上がって養生期間も経過したので、基礎の上の土台を並べアンカーボルトで締め付けます。 次に柱を建て、梁を渡します。梁の上に小屋束を立てて上に母屋(もや)を乗せ、垂木を固...

>>続きはこちら

地震調査研究推進本部地震調査委員会  「全国地震動予測地図2...

社長ブログ耐震 2016/06/11

  政府の地震調査研究推進本部地震調査委員会は、2011年東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日・マグニチュード9.0)の発生を受けて、2014年12月に30年以内に震度5強や6弱などの地震が起きる確率を示した「全国地震動予測地図2014年版」...

>>続きはこちら

エキスパンションジョイント

増改築新築社長ブログ耐震 2016/06/08

    先日の熊本の地震でマンションのエキスパンションジョイントが破壊されたのを見たあるマスメディアが、欠陥建築物と騒ぎ立てて批判を浴びたことがありましたね。   建物がL型の配置だったり、一方向に長い建物、増築したりする時にエ...

>>続きはこちら

まるで新築:スケルトンリフォーム、フルリフォーム、リノベーシ...

リノベーション二世帯社長ブログ耐震 2016/05/01

         写真は横浜市旭区のA様邸。   耐震リフォームの為のスケルトンリフォーム、フルリフォーム、リノベーション住宅(まるで新築住宅・REーBORN住宅)の施工前と施工後の外観比較写真です。   耐震住宅へフルスケルトン...

>>続きはこちら